ワインの保存に適した温度とは


ワインの飲み頃の温度というのは、そのワインの種類によってさまざまです。
例えば、ボルドーの赤なら16~18℃のちょっと高めの温度が最適ですが、白の甘口なら2~6℃程度の低めの温度が最適だったりします。

しかし、それはあくまでも美味しく飲むための温度で、保存に適した温度ではありません。
保存に適した温度というのは、ワインの種類を問わずだいたい10~14℃程度です。
この温度よりも高すぎてしまうと熟成が進み過ぎてしまい、味が変質しやすくなります。
逆に、低すぎればワインの熟成は止まってしまいます。
0℃近くの低温になってしまうと酒石酸などが結晶化し、ワインダイヤモンドと呼ばれる細かい結晶の塊がワイン中に発生してしまったりもします。
見た目が悪くなるのはもちろんのこと、味も酸味が損なわれて薄っぺらいものとなってしまいます。

また、急激な温度変化があるとワインの品質は著しく劣化します。
これは、高温から低温になるときに酸素がワインの中に取り込まれて、急激に酸化してしまうからです。
こうしたことからも分かるように、ワインの保存には温度管理が非常に重要となります。

This entry was posted in ワインの保存方法. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります